21世紀は脳科学の時代!とはいえ手頃なところから右脳を活性化していきましょう!!
by kennyy00
カテゴリ
全体
右脳
左脳
健康
社会
芸能
英語
韓国語
未分類
以前の記事
カテゴリ:右脳( 8 )
次の偉大な発明を期待するな
IBMイノベーション部門でバイスプレジデントを務めるDonofrio氏の言葉~ (Cnet3/16日)
「実際のところ、現代におけるイノベーションは20世紀のそれとは少し異なっている。より魅力的で新鮮なものを生み出すのは、そう簡単なことではなくなった・・・
 次はどのような偉大な発明が登場するのかと期待するのは、止めた方がよい。偉大な発明などというものは、もう現れないのだから」。

 Donofrio氏は21世紀には発明も創造も発見も必要ないと言っているわけではないが、最近の人々は創造から生まれる価値の方を追い求め、テクノロジそのものを評価することを止めてしまったのだという。
[PR]
by kennyy00 | 2006-03-17 00:29 | 右脳
東大生の脳
現役東大生が書いた本”頭が良くなる算数の教科書”によれば、”東大生にずば抜けているのはパターン認識、この一点です”とのこと。
”以前に起こった状況を記憶し、新たに起こった事態にも過去のパターンを利用して迅速、正確に対応する”ことが恐らくは東大に入る必要条件であり、結果として日本の頭脳(or権力)となっているということでしょうか・・・多分
[PR]
by kennyy00 | 2005-12-29 20:36 | 右脳
右脳開発トレーニング
時間があるときのトレーニングにいかがでしょう?
ウノーくん
[PR]
by kennyy00 | 2005-11-02 22:25 | 右脳
IQgを鍛える
脳はただ活性化していればいいわけでなく、またIQが高ければ社会で成功するというわけではない。
そこでIQgという脳のバランス、概括的な頭の良さの指標が最近注目されている。
”交通事故などで前頭連合野に損傷を追った人の知能を調べると、IQはそれほど落ちていないのにIQgは落ちている事例が観察された”(澤口教授@北大)
IQg100が平均とすれば、東大生平均が120、ビルゲイツは140らしい。
測定法もさることながら、どうすればIQgを鍛えることができるのか?だが
”新聞記事を読み、要約し、さらに批判してみる”のがいいとのこと。
喜ばしいことに日本人の子供のIQgは130もあるそうで、これを上手く維持し、活用していきたいものです。
そんなIQgの有効性を唱う澤口教授が言っている現代日本の課題は”体力勝負は若者に任せ、「長老」は結晶性知能を活用し、企業や地域、国、人類のために、高度な価値を創り続ける事”
[PR]
by kennyy00 | 2005-10-05 22:29 | 右脳
逆読みで脳は活性化?
というのは調べてみると一般的らしいのですが、TVで見たのは更に音程をつけて歌うというものだった。逆再生すると歌はもちろん振り付けまで再現されていた。実際に逆読み(歌?)中の脳を128点脳波測定すると、言語野以外の脳全体も驚くべき活性だったという。この女性の脳年齢は74歳→36歳とのこと。ここまでやってしまう根気も凄い気がします。
[PR]
by kennyy00 | 2005-09-11 23:28 | 右脳
言語脳は人によって違う
よく日本語と英語は脳の使う場所が違うと言われますが、
実際には最初に覚えた言語によって使う場所が決まる事がfMRIの研究より判ってきました。
英語が堪能な日本人バイリンガルは日本語も英語も左脳側、
日本語が堪能なアメリカ人バイリンガルは英語も日本語も中央で、
共に言語により使う位置は変わらなかったそうです。
[PR]
by kennyy00 | 2005-04-05 07:22 | 右脳
歯磨きでボケ防止
歯への刺激は脳を活性化するそうです。
歯ブラシをしてあげたら老人の痴呆が良くなった例も有るとのこと。
読売新聞
[PR]
by kennyy00 | 2004-11-13 21:13 | 右脳
非侵襲的脳機能マッピング法
光トポグラフィーと脳磁図を用いれば、昔は猿の脳に直接電極指していたような実験が、体にダメージを与える事なく、したがって人間でも脳機能が可視化できるようになります。同様な事はMRIやfMRIでも試されますが、光トポは比較的小型(~ヘルメット)かつ安価(~¥数千万)であるため、導入しやすいとされてます。たとえば言語を司る言語優位半球は利き腕によって、その位置が異なり、右利きであれば95%左脳であるものの、左利きの場合は右脳・左脳・両方の3通りがあるため、脳手術する際にはその位置を確認する事がとても重要だそうです。(サンケイ新聞朝刊)
[PR]
by kennyy00 | 2004-09-20 22:44 | 右脳